ロゴ
HOME>Review>廃船処理を依頼したきっかけ【皆に聞いてみました】

廃船処理を依頼したきっかけ【皆に聞いてみました】

船

船は使わなくなったら配線処理業者に依頼するのが一番です。停留しているだけで維持費がかかる上、個人で廃船手続きをするのは手間がかかります。廃船処理を依頼したきっかけについて皆の話を聞いてみましょう。

みんなの声

乗る機会が減った為、処分を依頼しました【30代/男性】

船舶の免許を取得してすぐは、張り切って船を買い毎週のように乗っていたのですが、ここ数年間ほとんど乗っていません。停留させているだけでもお金がかかるので、廃船処理の業者に依頼して処分してもらいました。船も結構高い買い物でしたが、廃船の手続きなどにかかる費用も10万円以上しました。ただ、廃船処理業者が船を買い取ってくれたので、自分で出費する金額はそれほど多くありませんでした。船の買取は最低でも10万円が保証されていましたが、20万円で売れたので満足しています。その他、名義変更などの面倒な手続きもすべてやってくれたので、自分で行うのは書類を揃えるぐらいでした。業者に頼むことで、簡単の処分できてよかったです。

壊れて放置したままだった祖父の船を処分してもらいました【50代/男性】

漁師だった祖父の使用していた漁船が、壊れて放置したままになっていました。このまま放置しておいてもお金がかかるだけなので、廃船処理の業者にお願いしました。壊れているので、かなり高いお金を吹っかけられると覚悟していましたが、壊れたままの漁船でも買い取ってくれるとのことで驚きました。まだエンジンが動いたのが救いでした。手続きなども素人には全く分かりませんが、滞りなく行ってくれ助かりました。依頼してから10日程で買い取ってもらい、手続きもすべて完了して肩の荷が下りました。自分一人では絶対に完了できなかったので、業者の存在に助けられました。料金も業者によって異なるので、しっかり調べて利用したほうが良いですよ。